ぜくやん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 回想記070207

<<   作成日時 : 2007/02/08 06:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

はい。毎度毎度の私見話。私見なので騒がないように。
実際のゲームプレイとは異なります。最後まで読むとわかります。

---------------------------------------------------

さてさて。共和国とはなんでしょう?

人それぞれの感覚論があると思います。
調べる前に僕の感覚論を述べておきましょう。

「共に和するために自分を殺し、他者と協調する」

意味合いとしては500人の意見がまとまることなぞ奇跡に近い。
つまりは、誰かが何かを我慢するのは致し方ないと思ってる。
ちょっと乱暴な解釈をすれば、我を通せば良いのではなく、逆に我を殺す考え方でもある。

「すべての意見を自由に発し、すべての意見と協調する」

前述したが、500人の意見がまとまることは奇跡に近い。実現させるには時間もかかる。
でも、現在はここに皆のこだわりが存在するんだな。と思う。

ではでは、辞書を調べてみよう。

僕の持つ辞書には
「共和国 → 共和制国家」と書かれてる。知っとるわ、それくらい。(ポイッ)

で、共和制とは? 載ってないからぐぐってみよう。
---------------------------------------------------
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
共和制(きょうわせい、英:republic)は、国家に君主を置かない政体のことで、君主制に対置される概念である。共和政とも言う。共和制を取る国家のことを共和国という。また、共和制を国家のあるべき姿だとする思想のことを共和主義という。日本において共和主義は天皇制廃止論とほぼ同義。一般に共和制では、国家の元首は君主ではなく、国民により選出される。
---------------------------------------------------
なるほどなるほど。
お、下段に興味深い文章。
---------------------------------------------------
[編集] 共和制と民主制
現代においては共和制=民主制と混同されるきらいがある。 これは大いなる誤解であり、欧州における立憲王国など君主制であるが民主制の政治形態の国家もあれば、ソビエト連邦、朝鮮民主主義人民共和国、ドイツ第三帝国、旧イラクのように共和制により選出された国家元首により非民主制政治が敷かれた事実により明らかである(なおドイツ第三帝国は、選挙により首相に選出された後に国家元首たる大統領の権限を兼ね(総統)たヒトラーによる共和制でも君主制でもない政体と定義されていた)。

市民革命により1783年に独立したアメリカ合衆国や、1789年のフランス革命によって生まれたフランスの共和国が、近代的な共和制のモデルとなり、19世紀以後、世界中に広まった。
---------------------------------------------------
ほほう。まず是空も混同してました。近いものかなー。と思ってました。
ではでは、民主制とは?
---------------------------------------------------
民主主義
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
民主主義(みんしゅしゅぎ democracy)とは、諸個人の意思の集合をもって物事を決める意思決定の原則・政治体制をいう。

民主主義は個人の人権である自由・平等・参政権などを重視し、多数決を原則として意思を決定することにより、人民による支配を実現する政治思想である。単純な多数決と混同されることが多いが、単純な多数決では、単に多数であることをもって、その結論が正当であるとの根拠とするものであるが、民主主義として把握する場合には、最終的には多数決によるとしても、その意思決定の前提として多様な意見を持つ者同士の互譲をも含む理性的対話が存在することをもって正当とする点で異なると主張される。 法的概念における民主主義は、君主制などと対応する概念であり、連邦主義などとは並存するものである。
---------------------------------------------------
なるほどね。

実は現状の環境は民主主義なのね。

「みんなの意見が無いといけない」
「全部確認が必要」
「ひとりの意見がまかり通るのは世論操作」
(これは意見の強い人限定、藩王や摂政、このゲームには関係ないとはいえ、それでも関係してしまうエースに適応されるかと)

などなどが中心になってると言えるわけだから、なるほどこれは民主主義だ。

先に言っときますが、是空個人の意見は周囲からは「強すぎる」「世論操作」「エースだから」などなど、冠が付いてしまいます。
つまり、残念ながら現在では、他者に対して是空が意見を自由に発し、協調を求めた場合。強要とみなされる場合が少なからずあるのです。

そのため「共に和するために自分を殺し、他者と協調する」のが一番共和できると感じてます。
なので、様々な意見を聞き、取り入れ、最適化し、成型します。
是空個人が好き勝手プレイングを許された場合、最速で勝利条件に向かいます(笑)ので、協調取りにくいのは認識しております。

で、よくよく考えると、それは民主主義ならばアリなのですが、共和制なので、実は関係ないのでは? とか思ってみたり。
ただ、僕も勉強を始めたばかりですので、共和と民主の大きな違いを明確に説明するのはむずかしいです。

しかし、これをゲームと考えた場合。
ゲームに適したロールプレイとは帝國なり共和国なりに準じることが正解なはず。

みんなリアルとゲームを混同してるためにやわらかい気持ちで遊べてないのではないだろうか?

だいたい、無料(ネット代はかかるが)で500人と一緒に遊べるゲームなんだから、自己主張よりも協調を楽しめばいいのに……。

他者の意見に怒る前に、ちょっと一歩引いてみて、道を譲ってあげるのはどうだろうか?
他者の意見に怒る前に、さらに多くの他者にその意見を聞いてみるのはどうだろうか?
他者の意見に怒る前に、まずは深呼吸、いっそのこと寝てみて、次の日その意見をどう感じるか考えてはどうだろうか?

年寄りの意見ではありますが、10年間フリーで戦い、会社作って4年の社長の意見でもあります。
押すだけが人生では無いのですが、うーむ。若い子はまだ戦えるから余計なお世話の意見かもしれんけど……。
せめて「そういった考え方もある」ということを心の片隅においてくれれば、じわーっと味が出ると思いますよ。

ちなみに、ゲームじゃない場合は是空個人は礼儀・進行方法・戦術などなどの対立で即効ケンカしてると思います。

逆に、ゲームなので、僕は怒らず楽しくプレイできております。

ゲームで良かった。おかげで楽しめます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
回想記070207 ぜくやん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる